日本人に多い病気|めまいの症状に注目しよう

医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

耳が遠くなった場合

女性

聴覚も視力と同様に加齢に伴い働きが鈍くなってきます。ただ、視力に比べて自覚しにくいものなので、気が付かないうちに症状は進行していきます。視力は10代でも衰えやすいのでメガネやコンタクトレンズを付けていても「老い」は感じないので老眼鏡も手にしやすいですが、補聴器をつけることに抵抗がある人も多いです。ただ、やはり家族とお互いにストレスのない会話を続けるためにも、聴力が弱くなったと感じたら、補聴器をつけることをおススメします。今は補聴器はいろいろなタイプがあり、目立ちにくいデザインのものも多いです。比較的安いものもあれば、耳の形に合わせたオーダーメイドのものもあります。どのタイプが一番自分に合っているのか分からない人のために、補聴器をレンタルしているところもあります。

補聴器のレンタルは、定額で一定期間借りられるものです。手軽な値段で最新機器を試すことができますし、もし自分の耳に合わないと感じたら返すだけでいいので便利です。補聴器には、耳穴にはめて使うものと耳にかけて使うものがあります。耳の穴は人それぞれなので、耳穴にはめるタイプは自分の耳穴の形に合っているものを選ばなくてはなりません。耳にかけるタイプは特に人を選ばずに使えますが、補聴器の重さで耳が痛くなる人もいます。補聴器は高額なので購入数前に、レンタルすることで補聴器を使う生活がどんなものかを実感できるのは貴重です。自分の耳に合っていると思えば、レンタルをやめて同じ型の補聴器を購入できます。レンタルできる期間は店によって異なるので、事前に確認しておくことが大切です。